一般社団法人Japan Society of Maternity Nursing

日本母性看護学会

  •  

事務局

日本母性看護学会 事務局
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨1-24-1-4F
(株)ガリレオ学会業務情報化センター内
TEL:03-5981-9824
FAX:03-5981-9852
e-mail:g031jsmn-support@ml.gakkai.ne.jp

これからのセミナー

第13回日本母性看護学会セミナー

第13回日本母性看護学会のセミナーを下記の通り開催いたします。
現在、産後2週間健診でエジンバラ産後うつ評価票を用いてのスクリーニングなどが実施されていますが、産後うつのリスクがある妊婦や母親をどう支援していくのかなど、具体的な内容についてお話いただく予定です。

テーマ
産後うつ予防に向けた看護支援
講師
新井陽子先生(北里大学看護学部准教授)
日時
2019年1月12日(土)13時30分~16時30分(13時より受付開始)
場所
武庫川女子大学 看護科学館 N-101
〒663-8555 兵庫県西宮市池開町6番46号(阪神電車 鳴尾駅より徒歩3分)
対象者
テーマに関心を持つ看護職者(看護師、助産師、保健師)等
参加費
会員は無料、会員外の方は1000円(当日徴収させていただきます。)
定員
80名(定員になり次第締め切ります。)
事前参加登録
2018年11月26日(月)~12月22日(金)17時まで
オンライン参加登録システムよりお申し込みください。
https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/apply/JSMN
会員の方はご自身の会員IDとパスワードにてログインしてください。
当日の参加受付はございませんので、必ず事前参加登録をお願いいたします。
問い合わせ先
(社)日本母性看護学会 研究・学術支援委員会 学術支援部会理事
武庫川女子大学看護学部 町浦美智子(apmm@mukogawa-u.ac.jp
ダウンロード

▲ Top

糖代謝異常妊産褥婦への看護支援セミナー(2018年)

日本母性看護学会では昨年度から、周産期・育児期を専門とする看護職が、周産期の糖代謝異常に関わる科学的に正しい情報を獲得し、適切に支援できることを目的に、セミナーを開催しています。今年度は岡山開催で、西日本地区の看護職のみなさんにぜひご参加いただきたいと思います。1日目の講義の一部は助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルⅢ認証申請に活用可能な研修(必須研修:⑥フィジカルアセスメント:代謝)となっております。

開催日
平成30年12月1日(土)~2日(日)
場所
岡山中央病院 講義室
〒700-0017 岡山県岡山市北区伊島北町6-3
http://www.kohjin.ne.jp/hospital/central/access.html
参加費
10,000円(会員)、20,000円(非会員)
※会員とは、申し込みの時点で会員登録が完了している方です。
対象
テーマに関心を持つ看護職(助産師、看護師、保健師)及び栄養士等の医療職
定員
60名程度(事前登録のみ)
※参加費事前入金の事前登録のみ、当日欠席の場合、参加費は返却しませんが、セミナーテキストは後日送付させていただきます。

【CLoCMiP®レベルⅢ認証申請に活用できる研修】
・「周産期の糖代謝異常の診断と治療」(90分)は、CLoCMiP®レベルⅢ認証申請に活用できる研修(必修研修:⑥フィジカルアセスメント:代謝)です。
・この講義のみの受講も可能ですが、全日程の参加をお勧めします。
・この講義のみの受講の場合の参加費は、[会員]1,500円、[非会員]3,000円
・この講義の前後に事前事後テストを実施します。会場での受付開始は12:10~、事前テストは12:50~、事後テストの終了は14:40です。
全日程受講された方は、CLoCMiP®レベルⅢ認証申請に活用できる研修修了証書に加え、本研修受講修了証書を発行します。

申込方法
オンラインにて受け付けます。下記のURLよりログインして登録ください。
オンライン参加登録システム:
https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/apply/JSMN
応募期間
平成30年9月21日(金)9時~平成30年11月9日(金)17時
※9月21日9時より前には、お申込みになれませんのでご了承ください。
主催
一般社団法人日本母性看護学会
問い合わせ先
成田伸(snarita@jichi.ac.jp
ダウンロード

▲ Top