一般社団法人Japan Society of Maternity Nursing

日本母性看護学会

  •  
  •  

事務局

日本母性看護学会 事務局
〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-39-2-401
(株)ガリレオ学会業務情報化センター内
TEL:03-5981-9824
FAX:03-5981-9852
e-mail:g031jsmn-support@ml.gakkai.ne.jp

これからのセミナー

糖代謝異常妊産褥婦への看護支援セミナー(オンデマンド研修)

周産期医療に携わる私たちには、糖代謝異常を抱える妊婦に対して、妊娠期・分娩期の支援のみならず、産後も長期に亘って支援することが求められています。産後の2型糖尿病発症の予防策も徐々に明らかとなっており、中でも母乳育児の継続、非妊時体重への早期復帰等が効果的です。まさに助産師として支援できる部分と思います。周産期周産期・育児期の糖代謝異常のリスクに対して適切に支援することは、女性の一生涯の健康を支援すると考えます。2020年4月、「在宅妊娠糖尿病患者指導管理料」が産後に拡大!しています。助産師外来でどう取り組むかを含め、意欲的に取り組んでほしいと思います。

講義では、周産期・育児期を専門とする看護職が、この時期の糖代謝異常に関わる科学的に正しい情報を獲得し、適切に支援できることを目指しています。また、講義受講と事前事後テストの受験で、CLoCMiP®レベルⅢ認証申請に利用可能です。

【プログラム】
①周産期の糖代謝異常の診断と治療
講師:安日一郎先生(長崎医療センター顧問 産婦人科医)

②糖尿病の食事療法
講師:長谷川陽子先生(石川県立看護大学 管理栄養士)

③糖代謝異常妊産褥婦の心理・体験
講師:山田加奈子先生(大阪公立大学 講師)

④糖代謝異常妊産褥婦の看護~周産期の糖代謝異常の血糖コントロールと食事・運動~
講師:成田伸先生(自治医科大学 教授)

⑤妊娠糖尿病妊産褥婦への支援~事例紹介~(診療報酬での対応含む)
講師:成田伸先生(自治医科大学 教授)川嵜有紀先生(関西医科大学 講師)

【対象者】
テーマに関心を持つ看護職(助産師、看護師、保健師)及び栄養士等の医療職

【開催日】
オンデマンド視聴(視聴期間:2023年12月1日(金)~2024年1月31日(水))

【参加費】
7,500円(会員、入会手続き中も会員で参加可)、15,000円(非会員)

【定 員】
50名

【申込方法】
下記のURLかQRコード(チラシ参照)からお申込みください。
https://forms.gle/rNJDFMNzwDtjnPRNA
ラダー修了証をご希望の場合、生年月日、助産師免許番号も必要となります。
申し込みメールにて、振込先情報をお知らせします。
※参加費の振り込みが確認された時点で、参加方法を個別にご案内します。

【応募期間】
2023年10月2日(月)~11月24日(金)

【問い合わせ先】
日本母性看護学会
山田加奈子(生涯学習支援委員会委員長)
yamadak@omu.ac.jp

【ダウンロード】チラシ

▲ Top

第8回TSUMUGU会

日本母性看護学会APN委員会では、高度看護実践家である母性看護CNS・教育研究者・管理者の有機的な繋がりや交流の場としてTSUMUGU会を年2回開催しています。
第8回TSUMUGU会のご案内です。今回は、精神疾患を有する妻にとって最大のサポーターである夫に焦点を当て、支援のありかたについて皆様と意見交換する機会としたいと思っております。ぜひご参加ください。
[テーマ]精神疾患を有する妻とともに子育てをする夫の体験

【日程】
令和6年1月21日(日)14:00~16:00

【話題提供者】
路川 達阿起 氏(2児の父)

【参加費】
会員1000円,非会員2000円 (申し込み〆切 1月7日)

【申し込み方法】
チラシに掲載されている QRコードまたは、下記URLからお申し込みください。
https://forms.gle/71YBwbC4Y8KtEQtg9

【ダウンロード】チラシ

▲ Top

WHCセミナー

開催日時
2024年2月24日(土) 10:00-13:00(予定)
開催方法
ZOOMによるオンライン研修
講演内容
講演1:10:00~11:00
月経関連症状の最新の知見と支援
講師:京都大学医学部附属病院産科婦人科 江川 美保 先生
講演2:11:10~12:10
子宮頸がんの予防における看護職の役割
講師:京都橘大学 工藤 里香 先生
GW:12:20~13:00
参加費
会員1000円、非会員3000円
定員
50名
応募期間
12月4日(月)~1月26日(金)
申込方法
下記のURLより申し込みください
https://forms.gle/wEQ4tjdVfAJoeGYUA
※母性看護CNSがファシリテートする40分のグループワークが含まれ、日々の実践に役立ちます。
※本研修は、アドバンス助産師申請要件の選択研修に相当します。受講修了証書を発行します。
ダウンロード

▲ Top

第17回学術支援セミナー
今こそ学び直そう!論文クリティーク[質的研究編]

先行研究を批判的に読む論文クリティークは、最新のエビデンスを学び、教育や実践に活用することに加えて、自身の研究の意義や概念枠組み、研究デザイン・方法の検討、考察への活用など、計画の立案から論文執筆のプロセスにおいて非常に重要です。
セミナーでは、論文クリティークについて、チェックシートを用いた方法や、研究手法に合わせた視点等をご教授いただきます。

参加者はグラウンデッド・セオリーの指定論文のクリティークに事前に取り組み、ご参加ください。グループ討議を通して、クリティークの質を向上させるための方法を学びます。2月初旬に参考図書と指定論文をお知らせします。講師の先生から、実際のクリティークについて丁寧にご解説いただきます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日程
2024年2月24日(土)14:00~16:00
定員
90名
開催方法
Zoomによるオンライン研修
※会員専用ページにおいて1か月間のオンデマンド配信
※非会員にも1か月間のオンデマンド配信
※ご講演とクリティークの解説のみ配信
講師
山川 みやえ 氏(大阪大学大学院医学研究科保健学専攻 准教授)
参加費
会員 無料、非会員 3,000円
申込方法
参加お申込みは2月19日(月)までに、以下のURLまたはポスターのQRコードよりお願いします。
https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/apply/JSMN
ダウンロード
問合わせ先
日本母性看護学会 事務局(12/26~1/4は対応できません)
TEL:03-5981-9824 FAX:03-5981-9852
E-mail:g031jsmn-mng@ml.gakkai.ne.jp

▲ Top